新興のベンチャー企業

ベンチャー企業は会社にもよるがブラックの可能性がある。多くの企業が成熟していないため疎かにされるものが多い。

 

ほとんどのベンチャー企業がハードワーク。人が少なく仕事量が多いのが当たり前なので、必然的に一人の仕事量は多くなる。

 

また、仕事の裁量が大きく、責任の範囲も大きい。自分のミスで会社が傾く場合もあり精神的なプレッシャーは計り知れない。

 

簡単に倒産しやすく、けして安定しているとは言えない。

 

ただし、良い面もある。仕事の裁量の範囲が多いということはやりがいがあるとも取れる。派閥争いや上司の力も比較的弱く、実力があるのなら意見・反抗もできる。

 

なにより自分の力でのし上りやすく、上手くいけば給料も多くもらえる可能性もある。

スポンサードリンク