退職理由を整理しておく

退職理由を明確にしておきましょう。ポイントは絶対に辞めなければならない理由にするということです。嘘でも何でもかまいません。

 

ふわふわした理由だと向こうの引き止め方も激しくなります。辞める際はそういった点も注意しておいたほうがいいでしょう。

 

ひとつ注意しておくべき事はあんまり企業側の批判をしないことです。

 

酷い会社だから辞めるとか、お前が使えないから辞めるんだよとか、どうせ辞めてしまう会社ですから溜まったものを吐き出したくなる気持ちもわかりますがだめです。

 

なぜなら、酷いブラック会社などは嫌がらせをしてくる場合があるからです。

 

離職票、源泉徴収表など退職に伴って支給されるべき書類を送ってこないなどが起こりえます。

 

それどころか内定先に嫌がらせの電話などをする会社もあります。そうなっては非常にめんどくさいです。

 

言いたい事はあるでしょうがさっさと縁を切るのが一番です。

 

理由は寿退社、親の介護、実家の仕事を継ぐ、友人の会社に入るなどがあります。あまり具体的だと突っ込まれる可能性もありますので注意してください。(体調がすぐれない→医者の診断書を持ってこいなど)

スポンサードリンク