引き留めに備える

引き留めに備えましょう。ブラック企業側は2つのパターンがあります。去るもの追わずの会社、無理やり引き止める会社。
前者の場合はスムーズに辞められるかも知れませんが、後者はそうは行きません。

 

出社しないなら、家まで行くぞ!と凄まれることもあります。あの手この手で止めにかかります。

 

脅しに近いことも起こりえます。毅然とした態度で臨んでください。固い決意を相手に見せつけるのです。

 

ブラック企業に勤めている多くの方が、この辞めると言い出しにくいという理由で会社に留まっています。

 

退職を告げたあとの引継ぎの時間が怖いなどもあります。

 

ですがそれは間違いです。その会社に未来を感じられなければきっぱり退職するのが一番です。

スポンサードリンク