ブラック企業に長くいるな

なぜブラック企業は全力で避けるべきなのか、それには大きく二つの理由があります。

 

ひとつは精神的疲労が半端ないこと。精神的に最も堪えるのが「人間関係」だとされています。ブラック企業はこの人間関係が悪い状況に高確率でなります。

 

精神的問題は例えブラック企業を辞めたとしても続き、対人恐怖症やうつ病などを一生涯抱えたまま生きていかなくてはならない場合もあるのです。

 

健康以上に大切なものはありません。ブラック企業にいて得をすることなど何一つないでしょう。

 

そして、もうひとつが転職で損をするということ。多くの人事担当者はこう言います。

 

ブラック企業に長い間務めていた人はどこか歪なオーラを持っていると感じるそうです。

 

生気を感じられず、顔は笑っているのに目が笑っていないのが特徴だとか・・・。

 

こういった人は意図的に落としているのだそう。ブラック企業のカラーが染み付いていると、独創性や行動力が失っていることが多いからだとか。

 

精神的に壊れかかっていると見なされて敬遠されることもあるようです。

 

ですのでブラック企業は逃れたほうがいいではなく「逃れなければならない」 のです。この言葉を忘れないでください。

スポンサードリンク