ブラック企業診断

ブラック企業診断です。多ければ多いほどブラックです。

 

1.残業代が出なく、残業はすべてサービス残業。
2.法人ならば加入義務がある社会保険の制度がない、あるいは入社後一定期間を経なければ加入させない。
3.正社員なのにアルバイト並の時給に相当する低い給与。
4.試用期間が非常に長い(一般的な試用期間は、3ヶ月から6ヶ月が常識的)。
5.会社の業績が良くないのに常時採用の広告を出している。
6.離職率が非常に高い(数ヶ月で退職に追い込まれることが多い)。
7.社員の平均年齢が非常に低い(離職率が高く、すぐに若者を補充している)。
8.年間休日が非常に少ない。(多くの会社は105日から130日の範囲が目安)。
9.仕事のノルマが非常に厳しい。
10.休日出勤が非常に多い。
11.徹夜が多い。
12.セクハラや、精神的、身体的な苦痛を与えるパワハラが見られる。
13.日常的に色々な場面で精神論を語ることが多い。
14.求人広告で募集していた職種の内容と、実際に面接などで聞いた仕事の内容とに大きな違いがある。
15.面接時の質問の際に、待遇(給与・休日など)や残業などの質問をすると、曖昧な返えしかせず言葉を濁そうとする。

スポンサードリンク