IT

急成長を遂げるために労働時間が長くなる傾向にあるIT企業。IT業界は通常、常に多く残業がある業界です。

 

その大きな原因は、IT業界の仕事の見積もりの難しい部分にあります。

 

新しいものを作るわけで正確なプランが立て難い、新技術が次々と出てくる、プロジェクト終盤に必須の仕様の変更などが根底にはあります。

 

その結果、プロジェクトは人数不足になることが多く、もしくは初めから無理のある期間を設定し始められることが多いのです。

 

この厳しさは元請けとか1次請けをやれる会社なら少なく、2次、3次、4次となるうちにどんどん条件が悪くなります。

 

さらに給料も下請けになればなるほど、酷使された割には安い給料となってしまうのです。

 

ただし、給料はそこそこよく、残業代が付く場合はブラックというよりは忙しい会社という見方もできます。

 

人によっては合っている人もいるでしょう。

スポンサードリンク