平均勤続年数が短い

平均勤続年数が短いのはかなりブラックを疑えます。基本、日本ではできるだけ長く会社に留まろうとするのが一般的です。最近はそうでもありませんが。

 

勤続年数が短いということは、やはり何かあると疑わざるえません。残業が多い、昇給が無い、パワハラが多いなどの裏返しである可能性が高いです。

 

社員の平均勤続年数が短い企業に就職する場合は相応の覚悟が必要になります。

 

ただし平均勤続年数が少なくてもブラックと言えない場合もあります。例えば忙しいが、それ相応の給料が出る場合。

 

こういった場合は平均勤続年数が少なくても入るメリットがあるため、人によってはブラックとは言えません。

 

要は従業員を使い捨て感覚でいる企業は辞めておきましょうということです。

 

そういった企業を見る目を持ちましょう。

スポンサードリンク